広島高速交通株式会社
〒731-0143 広島市安佐南区長楽寺二丁目12番1号
TEL : 082-830-3111〔平日9:00-17:45〕 FAX : 082-830-3114
運賃 ・ 時刻 ・ 忘れ物の
お問合せは県庁前駅へ
TEL : 082-228-2364
ホーム 運賃 時刻表 新着情報 沿線イベント よくあるご質問 リンク 会社概要 お問合せ
  >> ホーム >> 経営状況

会社概要 経営状況

【アストラムラインのご利用状況及び収支状況】
1 ご利用状況
  当期の輸送人員につきましては、年間の輸送人員は1,971万3,463人、1日平均で54,009人となり、前期と比較して1日平均で1,715人、3.3%の増加となりました。


2 収支状況
  運輸収入につきましては、年間で38億660万円(2.4%)の増加となりました。運輸雑収及び付帯事業収入はともに減収となりましたが、営業収入合計では、前期と比較して1.5%増加の44億6,957万円となりました。
これに対し、営業費用につきましては、前期と比較して1億4,398万円、3.6%減少の38億9,435万円となりました。
この結果、営業損益は5億7,522万円の利益となりました。これに営業外損失、1億6,625万円を加えた、経常利益は、4億896万円となり、1億535万円の増益となりました。
 特別利益として、2,257万円を計上し、特別損失としては、2,882万円を計上しております。
最終的に法人税等控除後の当期純利益は3億6,235万円となり、前期に続いて単年度黒字を達成いたしました。
期末の累積損失は112億7,649万円となり、12億7,649万円の債務超過の状態となっております。


3 経営改善について
 厳しい経営状況を改善するため、極限までの自助努力を進めてまいります。今後の見通しにつきましては、当社沿線での人口増加傾向の継続が見込まれ、引き続き安全運行・サービス向上に努めることにより一定の運輸収入増加が期待できるところです。費用面におきましては、施設の経年劣化に伴う修繕・更新費用負担が見込まれますが、既存設備の減価償却費の逓減も見込まれるところであり、引き続き運輸雑収並びに付帯事業収入の増加に取組み、また、修繕費等の効率的執行に努めることにより、早期の債務超過解消にむけて取り組んでまいります。

 今後とも、輸送の安全性や運行の定時性の確保を最大の価値として、お客様に信頼され、ご支持いただける交通機関として事業を継続、発展させるとともに、なお一層の収支改善に努めてまいります。

 
※ご利用状況及び収支状況につきまして、詳しくは平成25年度決算状況をご覧ください。 

 


経営状況について(主要財務指標の推移)                                 (単位:千円)
区 分 6年度 7年度 8年度 9年度 10年度 11年度 12年度
営業損益:A(a)-(b) -1,979,635 -2,279,505 -1,392,573 -1,029,491 -149,544 -51,304 38,416
 営業収益:(a) 2,601,866 4,311,999 4,589,791 4,695,588 4,852,432 4,850,992 4,855,942
 営業費用:(b) 4,581,502 6,591,505 5,982,364 5,725,079 5,001,976 4,902,296 4,817,526
営業外損益:B(c)-(d) -1,450,635 -1,842,930 -1,851,244 -1,932,119 -1,933,627 -1,811,281 -1,781,842
 営業外収益(c) 358,073 1,161,768 960,577 778,459 703,150 638,095 580,376
 (うち地下鉄区間インフラ部
  利子補給市補助金)
- 1,060,944 857,877 762,457 692,456 633,657 575,367
 営業外費用(d) 1,808,708 3,004,698 2,811,821 2,710,578 2,636,777 2,449,376 2,362,218
経常損益:C(A+B) -3,430,270 -4,122,435 -3,243,818 -2,961,610 -2,083,171 -1,862,584 -1,743,425
特別損益:D 377,286 2,331,972 2,673,085 2,118,127 1,747,263 1,169,606 1,094,221
(うち地下鉄整備国・市補助金) - 2,331,972 1,950,551 1,560,682 1,170,813 1,169,606 1,169,606
税引前当期損益:E(C+D) -3,052,984 -1,790,463 -570,733 -843,482 -335,907 -692,977 -649,204
法人税等:F 3,800 3,800 3,800 3,800 3,800 7,900 4,620
単年度損益(E-F) -3,056,784 -1,794,263 -574,533 -847,282 -339,707 -700,877 -653,824
累積損益 -3,999,937 -5,794,200 -6,368,733 -7,216,016 -7,555,724 -8,256,602 -8,910,426

区 分 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
営業損益:A(a)-(b) 85,443 -98,296 -94,814 -243,209 -350,414 -338,319 -24,377
 営業収益:(a) 4,840,924 4,535,827 4,461,761 4,255,985 4,258,812
4,468,795 4,580,882
 営業費用:(b) 4,755,480 4,634,123 4,556,575 4,499,194 4,609,226
4,807,115 4,605,259
営業外損益:B(c)-(d) -1,747,808 -1,660,138 -911,387 -349,669 -201,824 -183,202 -146,470
 営業外収益(c) 519,285 462,315 308,511 91,752 28,802 23,595 22,966
 (うち地下鉄区間インフラ部
  利子補給市補助金)
516,583 458,780 306,527 88,202 22,476 21,355 20,227
 営業外費用(d) 2,267,094 2,122,453 1,219,898 441,422 230,627 206,797 169,436
経常損益:C(A+B) -1,662,364 -1,758,434 -1,006,202 -592,878 -552,238 -521,522 -170,847
特別損益:D 1,169,606 1,169,231 1,169,606 780,944 2,413
- -
(うち地下鉄整備国・市補助金) 1,169,606 1,169,606 1,169,606 780,944 2,413
- -
税引前当期損益:E(C+D) -492,757 -589,202 163,404 188,066 -549,824 -521,522 -170,847
法人税等:F 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,620 4,660
単年度損益(E-F) -497,377 -593,822 158,784 183,446 -554,444 -526,142 -175,507
累積損益 -9,407,804 -10,001,626 -9,842,842 -9,659,396 -10,213,840 -10,739,982 -10,915,490

区 分 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 (増減率)
営業損益:A(a)-(b) 8,036 -55,897 48,627 156,286 364,542 575,226 57.8%
 営業収益:(a) 4,620,388 4,375,228 4,322,508 4,351,107 4,402,881 4,469,577 1.5%
 営業費用:(b) 4,612,352 4,431,125 4,273,880 4,194,820 4,038,338 3,894,351 -3.6%
営業外損益:B(c)-(d) -137,100 -201,495 -198,460 -197,923 -60,934 -166,259 -172.9%
 営業外収益(c) 26,660 31,597 28,964 27,776 169,135 43,771 -74.1%
 (うち地下鉄区間インフラ部
  利子補給市補助金)
19,092 28,579 26,647 24,711 22,918 21,104 -7.9%
 営業外費用(d) 163,760 233,092 227,425 225,700 230,069 210,030 -8.7%
経常損益:C(A+B) -129,064 -257,391 -149,833 -41,636 303,608 408,967 34.7%
特別損益:D -321,593 -95,811 8,306 - - -6,247 皆減
(うち地下鉄整備国・市補助金) - - - - -
税引前当期損益:E(C+D) -450,658 -353,201 -141,527 -41,636  303,608 402,720 32.6%
法人税等:F 4,660 4,660 4,660 4,660 21,312 40,361 89.4%
単年度損益(E-F) -455,318 -357,861 -146,187 -46,296 282,296 362,359 28.4%
累積損益 -11,370,808 -11,728,670 -11,874,857 -11,921,154 -11,638,858 -11,276,498 3.1%


アストラムラインご利用者の推移                                                (単位:人)
区 分 6年度 7年度 8年度 9年度 10年度 11年度 12年度 13年度 14年度 15年度
1日平均利用者数 43,575 45,418 48,804 50,233 51,607 52,551 52,998 52,918 49,671 48,689
対前年度伸率 - 4.2% 7.5% 2.9% 2.7% 1.8% 0.9% -0.2% -6.1% -2.0%

区 分 16年度 17年度 18年度 19年度 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度
1日平均利用者数 48,450 49,033 49,475 50,546 51,189 50,223 50,708 51,250 52,294 54,009
対前年度伸率 -0.5% 1.2% 0.9% 2.2% 1.3% -1.9% 1.0% 1.1% 2.0% 3.3%


 
アストラムライン各駅の1日平均ご利用者(平成25年度)                        (単位:人)
区分 本通 県庁前 城北 白島 牛田 不動院前  祇園
 新橋北
西原 中筋 古市 大町
乗車 10,844 5,274 1,411 1,742 1,019 1,838 1,709 3,237 3,388 1,898 5,715
降車 8,766 8,902 1,560 1,711 959 1,675 1,584 2,972 3,198 1,696 5,573
19,610 14,176 2,971 3,453 1,978 3,513 3,293 6,209 6,586 3,594 11,288
区分 毘沙門台 安東 上安 高取 長楽寺 大原 伴中央 大塚  広域
 公園前
全駅
乗車 2,062 3,391 2,182 1,413 1,406 1,473 1,340 617 815 1,233 54,009
降車 1,875 3,179 2,360 1,329 1,283 1,317 1,327 583 866 1,295 54,009
3,937 6,570 4,542 2,742 2,689 2,790 2,667 1,200 1,681 2,528 108,018
※「全駅」のご利用者数は、1日平均の計算上、全ての駅の利用者数を合算したものと一致しません。


 
平成25年度決算状況
広島高速交通(株)の経営状況及び経営改善の方向性について(pdfファイル 547kb)
(平成15年3月14日 市議会建設委員会報告)
広島高速交通(株)の経営健全化計画策定に向けた提言書(pdfファイル 666kb)
(平成15年3月17日 経営健全化計画策定委員会
アストラムライン経営健全化計画
(平成15年4月8日 広島市長に報告 広島高速交通株式会社
「アストラムライン新たなる出発」(パンフレット)(pdfファイル 649kb)
広島高速交通(株)に対する広島市の政策支援措置等についての広報
アストラムライン経営健全化計画の発展的見直し〜利用促進を中心として〜(中間取りまとめ)(pdfファイル 209kb)
平成15年11月策定

PDFファイルを閲覧・印刷するためには、Acrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerはこちらから  無償で入手できます。



Copyright(C) Hiroshima Rapid Transit, co,ltd. All rights reserved.